2019年3月20日、第34回電気通信普及財団賞贈呈式にて、拙著の修士論文「ランキングのメディア論−検索エンジン・ランキング歴史社会的構成」が、テレコム社会科学学生賞を受賞いたしました。

ご指導・ご協力いただいたみなさまに深く感謝いたします。

公益財団法人 電気通信普及財団による公式発表

受賞した修士論文の抜粋版 (本文一部未公表: 計約190,000字)

受賞した修士論文の本文・内容についてのお問い合わせは、udagawa[at]au-lab.comまでお願いします。

なお、修士論文の成果の一部は、宇田川敦史 (2019)「検索エンジン・ランキングのメディア史—パソコン雑誌における検索エンジン表象の分析—」『マス・コミュニケーション研究』94号(pp.131-149)にも採録されています。



Share this on: